鹿児島近海の深海魚について

オオメハタ(メバル)

スズキ系スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科オオメハタ属。
水深100~600mに生息。鹿児島ではメバル(目張)とも呼ばれており、大きいものだと15㎝程度になる深海性の魚。身質は淡白で、どんな食べ方でも美味しいです!

キュウシュウヒゲ

タラ目ソコダラ科トウジン属。水深120~380mに生息。
大きいものだと20㎝程度になる魚。錦江湾の底曳網漁(とんとこ漁)でたくさん獲れます。ユニークな顔立ちで頭が大きく可食部が少ないですが、食べると
美味しいので唐揚げや南蛮漬けでぜひ食べてみて下さい!

マルヒウチダイ

キンメダイ系キンメダイ目ヒウチダイ科ヒウチダイ属。水深300~600mに生息。手のひらサイズの小さな深海魚ですがとんとこ漁で漁獲されます。頭部が透明感のある骨格に覆われていて深海魚らしい顔立ちをしています。
静岡県の沼津では「アブラゴソ」とも呼ばれる、癖のない油が特徴的な高級魚。

ボウズコンニャク

スズキ系スズキ目イボダイ亜目エボシダイ科ボウズコンニャク属。
水深150メートル以上に生息。まとまっては獲れないが、錦江湾のとんとこ漁で水揚げされる。
煮つけや塩焼きで美味しく食べられる。

ヒゲナガエビ(タカエビ)

クダヒゲエビ科ヒゲナガエビ属。水深200~600mの深海に生息するタカエビは、別名薩摩甘エビといわれるほど、甘いエビ。プリプリとした食感、アマエビの
ような甘さが特徴です。

ナミクダヒゲエビ

クダヒゲエビ科クダヒゲエビ属。水深130~400mに生息。長い第1触角を束ねると、中が空洞の「管」になるのが和名の由来のエビ。このエビを対象にした漁をしているのは、錦江湾だけ!身の部分だけでも十分美味しいですが、
頭部分がとても美味しいのでぜひ焼いて殻ごと食べるのがおすすめ!

ヒメアマエビ

タラバエビ科ジンケンエビ属。水深130~800mに生息。体長5-7㎝程度の
小さなエビ。とんとこ漁でたくさん獲れるエビで頭を外して売られていることが多いです。その日獲れを生で食べるのが一番おすすめですが、小さいので
素揚げやかき揚げにするのもおすすめです!

フタホシイシガニ

節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ガザミ上科ガザミ科イシガニ属。
錦江湾のとんとこ漁でエビや魚と一緒に混ざって獲れる。味噌汁に入れたり、素揚げにしても
おいしい。